Francisco Xaviersからお知らせ

昨晩、6月24日にKyoto Live House nanoにて開催した
The Lump of Sugarとの共同企画『Life is Party』を最後に
Francisco Xaviersは解散とさせて頂きます。
急な報告になってしまい申し訳ございません。
本来であれば事前にライブ前に解散することを皆様に
お伝えするべきだったのかもしれませんが
あくまで『Life is Party』というイベントは
The Lump of Sugarと一緒に何か楽しいことをしよう
という気持ちで企画したものだったので
自分たちの解散ライブといった意味合いが共演者・お客さんに
伝わってしまうのが嫌で、今回このような形を取らせて頂きました。
 
解散を決めたのはイベント開催が決まるもっと後、
6月に入ってからのことでした。
メンバーの不仲や音楽性の違い等ではなく、
良くも悪くも聞こえますが
「将来のことを考えて」の解散になるかと思います。
各々の考える道があって、
3人の中でバンドに割ける気持ち・時間に大きなズレが生じてしまい、
Francisco Xaviersとして今まで通り、そして今まで以上の活動をすることが
困難だと判断して解散という結論に至りました。
応援してくださっているお客さんや
お世話になっている全てのバンドマン・関係者の方々に向けて
解散のご報告をステージ上ではなくこのようにHPでしか出来ないことは
申し訳なく思っています。ごめんなさい。
ただ、上でも述べたように1回生じてしまったズレを無理矢理埋めて
後日解散ライブの機会を設けても、おそらく僕らもお客さんも
心から楽しめるステージを作ることは僕らには出来ません。
そういう意味で昨晩のKyoto Live House nanoでのライブは
今の3人で作れる100%のステージでした。
勝手ではありますが僕らとしては
ラストにふさわしいステージだったと思っています。
Francisco Xaviersは解散しますがメンバー3人とも
今までと変わらず音楽のことは大好きです。
それぞれのメンバーが何かまた違う形でもしステージに立つことがあれば
そのときはちょっとでも気にかけてくれると嬉しいです。
最後になってしまいましたが、今までのバンド活動は
つらいこともありましたが、やっぱり楽しいものでした。
周りにいてくれたお客さんやバンド仲間・先輩・後輩
ライブハウスのスタッフの方々には心から感謝しています。
本当に今までありがとうございました!
2016.06.25 Francisco Xaviers 一同